好きな事・趣味

足のふくらはぎを揉めば(マッサージ)老廃物や毒素を排出・デトックスします


スポンサーリンク

以前、整骨院で【足裏マッサージ】を受けた私☆

【足裏マッサージ】の気持ちよさが とっても分かりました (∇ ̄*)
また 整体師さんから【足揉み(指圧)】は健康に良いことも 教えてもらいました。

でも 毎回、毎回 整体師さんに【足裏(ツボ)マッサージ】をしてもらうわけにもいかない。
(気持ち良いが お金・・・かかりますからね σ(^_^))

そこで【足裏マッサージ】について、本やネットで調べ 最近は【自分で足裏(つぼ)マッサージ】しています♪





【足裏の指圧】を 自分みたいな素人がしても、効果あるの?

など 時には思いますが、やらないよりは やったほうが良い~かも~Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
という感じで 続けています。笑。
(かれこれ 指圧2週間目突入ー!)

【足裏(ツボ)マッサージ】を試した『効果・効用』がいつの日か紹介できたら良いなぁ☆

とはいえ、少し『効果・効用』が 見えたものがあります♪

両足の『かかと部分』が 少しスッキリしてきた

後ろ足の『かかと部分』。

かかと部分には “ 老廃物や毒素 ” が 溜まりやすいそうです。。。

(ふくらはぎ揉みをして、私の3日目かかと)

(※かかとのくるぶしに、ほんの少しだけ へこみが見える)

“ 老廃物 ” がたまると『かかと部分』が むくんでしまい、スッとした外見では なくなります。
(とどまった老廃物は 分解不可能。排泄もされない (+_+))

『かかと部分』は 気にもせず 私 生活してましたので、驚きます。

我が子の小学生『かかと部分』を ご覧ください。

若いって、若いって・・・素晴らしい~♪

確かに『かかと部分』はスッキリしており、骨が見えてます。

これが「普通のカカト」ー ( ̄▽ ̄*)。

たいてい 鏡から見えるのは「自分の前方の姿」。

後方の『かかと部分』なんて、ホントに考えてませんでした。
(自分からは たるんだ背中やお尻って見えないから、ある意味 こわい 笑)

実は、紹介した「私のかかと画像」は『ふくらはぎ揉み』を数日行なったアフター。
あれでも、アフターなんです(;^ω^A

『ふくらはぎマッサージ』を、まだスタートしてない時 撮影してなくて。。。
(ビフォー・アフターの比較に 撮影しておくのがオススメ)

ですが『かかと部分の区切り』は、ほぼ無かったのですよ。
(マッサージ前は)

さわった『かかと部分』も、へこみが無かったのです。

なので、数日のふくらはぎマッサージ効果は、早くも出た!ということです♪

むくんだ『かかと部分』には病気の元

そもそも、スッキリしてない『むくみある かかと』は、悪いのか!?
一体、どうなんだぁ~~!

はい、悪いそうです。。(T▽T;)

私は、田辺先生の書籍を読み【足裏(ツボ)マッサージ】を勉強しています。


「足もみ」で心も体も超健康になる! (王様文庫)

先生によりますと・・・・先程も書いてますが、足首にくびれが無いのは“ 老廃物や毒素 ” が付着しているから。

血流の流れが悪いことで “ 老廃物や毒素 ” が たまり、滞ります。

毒素・老廃物を、いつまでも 体の中へ蓄積しておけば、そりゃ体に悪いと 誰でも分かります。

体や足のむくみ、肌の色、体温など、人間は 様々な部分で “ 体の不調(病気のサイン)” を 教えてくれます。

このような カラダからのメッセージ(サイン)を見逃さないよう、大きな病気にならないよう、毎日コツコツとマッサージ!ですね

ふくらはぎをマッサージしよう

というわけで、足の後ろ側『ふくらはぎ』を揉んで、マッサージですぞ~!

(※マッサージの仕方や方法は、田辺先生の本を参考)

先生のように出来ませんが、マッサージ効果が表れると嬉しいですね (^-^)

『ふくらはぎ』を揉んで、マッサージ★
1.座りながら『ふくらはぎ』は 揉みます。

2.90度に膝(ひざ)を曲げる(トンネルのような形)。

3.片方ずつ『ふくらはぎ』の下(アキレス腱)から、ひざへ向けて 揉みほぐします。

( ※ 画像を クリックすれば拡大。 closeを押せば戻ります )

4.『ふくらはぎ』の筋肉をつまんで、しっかりと圧をかけます。
(絞り出すように・・・)

5.反対の『ふくらはぎ』もマッサージします。

※軽い力よりも、少し痛いくらいの力加減が良いかも σ(^_^)

三日坊主はダメ.ふくらはぎマッサージ

『ふくらはぎ』をもむのは、毎日 行なうことです。

1,2日続けたら、効果が出ることは、まずないそうです。

けれど 続けないよりは 続ける。
やらないよりは やる!ですね 笑。

『ふくらはぎ』は「第2の心臓」と言う理由

『ふくらはぎ』は「第2の心臓」と呼ばれます。

『ふくらはぎ』には筋肉がありますが、また多くの血管も通っています。

『ふくらはぎ筋肉』が 元気よく収縮すれば、心臓へ血液が戻されます。

つまり 『ふくらはぎ』は ポンプ機能を果たしている、重要な部分★

『ふくらはぎ筋肉』が弱まれば、ポンプ機能も下がります。(´^`;)
すると、心臓へ血液が戻りません。

血液とともに 排泄される毒素も滞ってしまいます。

そういう理由で、足がむくんだり 下半身太り。
更には、心臓への負担も大きくなるのですね。

ウォーキング(散歩)すると『ふくらはぎの筋肉』を 使います。

毎日歩くことは良いことですが、疲れている場合や 無理な時は『ふくらはぎ揉み』でも 代用できそうです。


(ふくらはぎの筋肉を動かせば、心臓機能の手助けになる ♪)

二重アゴや顔のむくみにも効果

『ふくらはぎマッサージ』の効果は “ 二重アゴや顔のむくみ ” にも 良いそうです。

朝の外出時 顔がむくんでいると、人と会うのもおっくう。。。(-x-;)

そもそも「顔のむくみ」や「二重あご」は、太っている、肥満ということではありません。

生活習慣による 慢性的なむくみなのです。

下半身や足のむくみに、効果がある『ふくらはぎマッサージ』。
加えて 顔のむくみにも効果が期待されるとは テンション上がる~☆

もちろん、すぐ「顔のむくみ」や「二重あご」が取れ、シャキシャキ顔には ならないかもしれません。。

ですが、 続けないよりは 続ける。
やらないよりは やる。なのだー笑。

【足(ふくらはぎ)マッサージ】を毎日の習慣に

体調不良の改善には、足裏揉みや ふくらはぎマッサージを 毎日継続するのが大事。

そして、体調改善には「年齢」も関係してきます。

・10歳の子供さんなら・・・1ヶ月で改善☆

・30歳の大人なら・・・3ヶ月で改善☆

・50歳の大人なら・・・5ヶ月~6ヶ月で改善。

年齢が若いほど、体の不調が治る期間が早い(短い)です。

とはいえ、10歳のキッズでも 治癒には1ヶ月はかかる。

このように “ 体の不調・病気 ” というものは、明日や明後日で治癒するものでは ありません。

焦らず、お風呂上がり後 足もみが「毎日の習慣」になれば、いつのまにか・・・

「そういえば 朝 顔がむくまないわ」
「最近は 胃腸が調子良いなぁ」
「便秘が なくなった!」
など、嬉しい効果が 現れてきそうですね☆





私も、入浴後に【足(ふくらはぎ)マッサージ】を続けたいと思いますp(^-^)q
(意外と楽しい 好きな時間!)

以上 skyneiro( スカイネイロ )がお送りしました~♪

(田辺先生の「足もみ」で心も体も超健康になる! チェックしてください。)

ー足・健康 関連記事 ー
◆寒い冬にしもやけ・あかぎれや温浴効果!花王「バブ温もり和果 」お風呂に入れ色や香りを楽しむ!~炭酸入浴剤の効果や使い方~
◆整骨院の【ウォーターベッド型マッサージ機械】は水の振動で癒され痛くないので気持ち良い
◆すぐ整骨院へ行けないなら~肩こり・首こりにジンワリ効く貼り薬(湿布)~【ニチバン・つぼ膏(こう)】がオススメ
◆足裏(足つぼ)マッサージは痛いけど老廃物が流れて健康に~自宅でカンタン!足つぼ指圧の方法や道具~
◆整骨院で【足湯】体験!足湯は毎日してもよい?~免疫力アップ・むくみ解消・リラックス効果がある~
◆歩くだけ!ウォーキング(散歩)した後~5つの良かった効果を紹介
◆足の冷え(冷え性)が改善し熟睡効果!「眠れる森の5本指」~指穴靴下を履くと良い5つの理由~

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサーリンク

skyneiro

投稿者の記事一覧

空を見るのが好きと 音楽が好き を掛けまして「 skyneiro (スカイネイロ)」と言う ニックネームにしてます ★

仕事・家事・子育て中の 主婦の頭や 胸中の 「 しぼりたてな思い 」を 書いています ♪

関連記事

  1. ブラックペッパーが魅力的!「極旨塩だれチキン 」を食べた~ケンタ…
  2. 【ビートルズ元メンバーのポール・マッカートニーさん】結婚や子供た…
  3. 色の塗り方やポイントは?~絵手紙教室で使う顔彩で塗る
  4. 初めは何を描いたら良い?絵手紙で描く季節の花の題材やテーマやモチ…
  5. 心に響く~♪ ミスチルの歌 「名もなき詩 (なもなきうた)」が好…
  6. アサガオ(朝顔)の種まきの良い時期は?梅雨に蒔くのは微妙です
  7. 年賀状に可愛い!オリジナルな手作り芋版画・レンコン判子・小松菜の…
  8. ラーメン屋やコンビニの味!?カンタンすぐ作れる半熟煮卵の作り方・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP