観光

秋の味覚☆さつまいも掘りに子供と農園へ 芋掘りに必要・便利な道具と服装も紹介

月に1~2度 絵てがみ教室に通っています (^-^)。

■関連記事︰「絵手紙を描くきっかけは、地域の郵便局へ行った事が始まり

先日、絵手紙教室の生徒さん(お友達)から【うちの農園へサツマイモ掘りにおいで~♪】と 声をかけてもらいました。

我が家は 野菜を食べるのは好きですが、野菜を育てる家庭菜園は していません (;^ω^A

(ベランダでミニトマトは、育ててみましたよ・・・笑)

ですから、子供にとって【イモ掘り】は 好きで嬉しい秋のイベント☆

(焼き芋やスイートポテトも美味しくて好き!)

末っ子は「行きたい!掘る!ほる~\(^◇^*)」と はりきってました。

保育園(幼稚園)の行事で【さつまいも掘り】があったけど、それ以来。

(芋掘りの時期は、だいたい10月頃ですね)

子供もそうですが、滅多に “ 畑の土をさわる ” ことは 大人でもない 素敵な機会☆ ( ゜∋゜)





お友達の畑へ芋掘りにー♪

子供も【サツマイモ掘り】は 楽しみにしてました。

学校から下校すると、急いで服を着替え「軍手」もしっかり用意しています。
(いつもの学校準備は、ダラダラとするのですが・・・笑)

サツマイモを入れる ビニール袋も持ち いざさつまいも畑へ。

さて 車で走り10分ほどで、畑に到着~♪
天気は晴れており、良い気候。

今年の夏にも、ゴーヤーやキュウリ、ミニトマトや オクラなどを頂いた お友達の畑の詳細は コチラ↓(^~^)

■「6月1日から発売の暑中・残暑見舞はがき「かもめ~る」で夏野菜・トマトとナスを絵手紙で描いた


(リラックスする、のどかな田園風景です)

私もサツマイモ栽培のことは、まったく 分かりません。

なんせ、食べるだけの専門 笑 (*v.v)。

10分でかなりの芋が掘れました☆

芋を掘る部分だけ、黒いビニール(マルチ)を外します。


サツマイモ畑(農園)の地面は 黒いビニールでカバーされてたけど、理由があるんだー!

●さつまいも畑をビニールで覆う理由

主に 地温上昇と雑草対策で黒ビニール(マルチ)を覆います。

雑草を生えにくくするには 黒ビニルや白ビニールのほうが 効果的☆

また、土壌過乾燥、加湿防止にも 行ないます。

黒ビニールを地面に敷いておくと、土の温度が むきだしの時よりも 高温になります。

一般的には 野菜の生育は良くなります。

それから 畝(うね)部分を掘るのですが、芋に近い箇所に スコップで掘れば【サツマイモ】を痛めてしまいます。。。

ですので、畝の遠くのあたりから 掘っていきます。

畝(うね)とは・・・

畑で作物を作るため(何本も間隔を空けて)、細長く 直線状に土を盛り上げた所。

ウネの土が 案外と柔らかく、すぐに【さつまいも】が見えてきました☆

子供も私も、テンションが上がります。

収穫物が見えると、何だか 気持ちが揚がりますね~( ̄▽ ̄*)


もう少しで取れる!と思うと、気持ちが急くよ~、早くお目見えしたいサツマイモちゃん♪

(※ 春のタケノコ掘り収穫も楽しかったので、詳細は コチラ☆)

■詳細記事︰「カンタンなのだ!筍(たけのこ)掘り方・方法~コツやタケノコ掘りの道具(クワ)~

土の中の【サツマイモのサイズ】は 掘ってみないと分かりません。

大事に掘って、でてきたのが・・・・

ジャーン☆意外と 大きかったです~♪


( ※ 画像を クリックすれば拡大。 closeを押せば戻ります )

スーパーや 野菜産直市場で、これほどの大きい【サツマイモ】を買うとなれば、高いかも (☆。☆)

時間では、10分ほどですが、かなりの量の【さつまいも】を掘ることが できました。

「学校の友達に【サツマイモ】あげるね~」と 嬉しそう (*゚∀゚)ノ

キャベツ苗とブロッコリー苗の見分け方

他にも、赤ピーマンの収穫も させてもらいました。


(キレイな赤ピーマン)

「遠慮しないで良いよ。たくさん採って帰ってね☆」と言われると・・・

本当に めちゃめちゃ採る、我が子・・・(~Д~ノ)ノ

ところで、お友達の畑には、他にいろいろな野菜が 植えられてましたよ★

玉ねぎに、ネギ(葱)、カリフラワー。
ニンジンも。

それから キャベツとブロッコリーが 同じ畝(ウネ)に 植わってました。


( ※ 画像を クリックすれば拡大。 closeを押せば戻ります )

左がキャベツで 右がブロッコリーだそう。。。。

真面目に、その2つの苗の違い(見分け)が 分かりません。。。( ;゚Д゚) 笑

お友達も「最初はわからなかったけど、今は分かる。でも 分からなくても大した問題でもないから ♪」

そりゃぁ、まぁ そうですね~ σ(^_^)

上の写真のキャベツとブロッコリーでは、とっても 見分けしにくいですが、ちがいを参考までに。

●キャベツ苗とブロッコリー苗の見分け方

キャベツ苗の方が葉っぱが丸い。

葉っぱの色合いは薄いグリーン(緑)。

ブロッコリーの葉っぱは、ギザギザ感があり、キャベツより細長い葉。

葉の色(カラー)も 青緑で濃い。

加えて、葉っぱをかんでみると、苦くてまずいです。。。

【芋掘り】に必要で便利な道具と服装

久しぶりに子供と楽しんだ【サツマイモ掘り】でした。

が、お友だちの農園なので、手軽な服装で 行ってしまいました( ̄ー ̄;)

行ってみて 服装や こんな道具・持ち物があれば 便利だっかな~★と思った、気づいた点を 最後に紹介します。

●素手では危ないので『ゴム手袋』


芋掘りには「軍手」でもOKですが『ゴム手袋』のほうが、手にフィットします。

ですので、芋掘り作業がしやすいです。

子供用のゴム手は、無いかもしれません。。

軍手で 良いでしょう。

●大小の『スコップやシャベル』

一番理想なのは、最初 大きなスコップやシャベルで 大人が畝(うね)を崩して 掘ります。

そして、サツマイモが見えたら、小さいスコップで 子供さんが掘り、いもをゲット~!という流れですね。

とはいえ、大きなスコップを【サツマイモ掘り】のため 購入するのは微妙です 笑。

ガーデニング用の ミニスコップで良いです。

各一人ずつ スコップは持っているのが お勧めです☆

(芋畑を見ていると、大人も じっと見ていられなくなるから・・・(。-人-。))

●掘ったイモを入れていく『バケツ・カゴ』

普通の道路や 広場と違い、畑(農園)は、意外とあるきにくい。

畝(うね)は山状ですし、土や石もあったりで、体力がいります。

その上、楽しい【サツマイモ掘り】も 長時間行なうと 疲れてきます。

掘ったイモをビニール袋へ入れていくにも、だんだんと重くなる。
(うすいビニール袋だと、破れることも。。)

そんなとき、収穫したイモは、とりあえず『バケツやカゴ』に 入れていくのです。


バケツや籠(かご)なら、よほどの事がない限り 壊れません。

掘り終えて、帰る時に「ビニール袋」へ 移せばよいですね♪

※ビニール袋(エコバッグ)ももちろん、持っていってね。

●足元は長靴(レインブーツ)

海や川なら「クロックスやサンダル」で よいですが、畑はダメ。

虫に刺されることもあります。

また、畑作業の土で 足は必ず汚れます。

スニーカーや運動靴も オススメできません。。。

やはり一番良いのは『長靴(レインブーツ)』☆


靴の中に、とにかく「土」が入ると 取り除きにくい ですもんね。

その点、長靴は 基本 膝丈の長さまであるので、土は 入りにくい。
長靴が汚れても、水で洗えば すぐにキレイになるので、ママも 気持ちは楽です o(^^o)

●長ズボン(パンツ)と丈の長い靴下

ハーフパンツや半ズボン、ミニスカートで【サツマイモ掘り】は おすすめできません。

素肌が見えていると、土作業は 危ないです。

スコップも使いますし、畑には石や木の枝も 落ちていることもある。

ですので、防護服ではないですが、ケガをしないよう 虫などに刺されないよう『長ズボン(パンツ)と 丈の長い靴下』を着用が良いです。

●タオルや絆創膏(バンドエイド)など

他にも、長時間 イモ畑にいるなら『タオルや絆創膏』が あると便利。

タオルは 手が汚れたときに使えます。

ケガをした場合の 応急処置でも使えます。

また、日差しが暑ければ 帽子代わりに可能☆

絆創膏は、手足の切り傷に あると便利です。
“ 備えあれば憂いなし ” 。

忘れずに 持って行ってくださいね。

今回は 子供と秋の味覚である【サツマイモ掘り】の話と 芋掘りに便利な道具と 服装も紹介しました。

【サツマイモ掘り】イベント参加予定の方は、参考にしてくだされば 嬉しいです (*^ ・^)ノ⌒☆





花・野菜・自然など関連記事
平均1~2度下がる涼しさで省エネ効果!ゴーヤーやキュウリ「緑のカーテン」に向いている野菜や花は

アジサイ(紫陽花)の花色が変わる理由を調べた~青色のあじさいが咲くのはなぜ?

ローソンで買った【種子島産・安納芋もなかアイス¥399】~濃いイモの味でオススメです

近所で開催していた無料の【盆梅(ぼんばい)展】へ行ってみた~盆栽とは違う美しさがあります

アサガオ(朝顔)の種まきの良い時期は?梅雨に蒔くのは微妙です

魚と野菜・惣菜も買える!田尻漁港(日曜朝市)車でのアクセス~無料駐車場とトイレを紹介

食欲の秋-人気な【さつまいもの あずき抹茶ロールケーキ】-レシピ・作り方

大倉あおい

投稿者の記事一覧

運営者・生活情報研究家の 大倉葵(おおくらあおい)と申します。

とくに、私が住む 日本での生活スタイル、便利なくらし ユニークな日常など発信していきます☆

関連記事

  1. 学校・PTA集まりのおやつにどう?ゆず塩・えび味などの「瀬戸しお…
  2. りんくうタウン近く「穴子(アナゴ)天丼」食べよう!場所はせんなん…
  3. 駐車場数が多い田尻漁港の日曜朝市~魚・野菜・惣菜が買えるし漁港で…
  4. 知ってる?京都のお土産くじせんべいは中におみくじが入ってて面白い…
  5. 【水なす】大阪南部(泉州)のみで生産される野菜(農産物)~ユニー…
  6. ダシも美味い!丸亀製麺へ「牛とろ玉うどん」「あさりうどん」を食べ…
  7. 魚と野菜・唐揚げや天ぷら惣菜も買える!田尻漁港(日曜朝市)車での…
  8. 大阪芸術大学【オープンキャンパス】訪問~スクールバスや学食体験・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP