観光

2019年~大阪・泉南ローズガーデン~車でのアクセスやシャトルバス時刻を紹介~


スポンサーリンク

大阪・泉南市にある【ローズガーデン】(花咲きファーム)の「春のローズフェスティバル」行ってきました。

兵庫や大阪市内から「阪神高速道路」で来る場合のアクセス法・車での行き方。

「阪和自動車道」を使って来る場合のアクセス法・車での行き方などを紹介します。





大阪市内・兵庫からの車でのアクセス

阪神高速湾岸線を走り、泉南のローズガーデンへ向かうアクセス法☆

1.岸和田、貝塚市を過ぎるとまもなく「泉佐野市」。

『泉佐野南(いずみさのみなみ)』の出口で降ります。

(※間違えて泉佐野北で降りても、行けますので大丈夫です(^-^))

2.降りると 府道63号線(一般道)になります。

府道63号線(一般道)を真っ直ぐ『和歌山・田尻方面』へ走ります。

(右手にはシークルプレジャータウン。左手にはりんくうプレミアム・アウトレットが見えてくる)

15分ほど、和歌山方面へ直進で走ります。

途中の景色には、右手に「関西空港がある大阪湾の海」が見える^^

また、大きな橋(bridge)も通過しますので、気持ちの良いドライブとなります(^ε^)♪

3.いよいよ左手向こうに「イオンモールりんくう泉南」が見えてきたら目印★

信号交差点の「中部ポンプ場」青文字看板で左折します。

4.それから、また のどかな道を真っ直ぐと走ります~。

とにかく 直進して走ります。笑
(10分弱走るでしょうか。。)

5.ようやく大きな道路=「第二阪和道(国道26号線)」に出ます。

その交差点は「市場稲荷」ですが、それを右折。

この大きな道路「国道26号線」を走っていきます。

再び和歌山・岬町方面へ走りますが『泉南トンネル』を通過します~。


(写真が泉南トンネルです)

6.トンネルを抜けると、そこは「幡代北」交差点だった・・・・(;^ω^A(笑)

この「幡代北」を左折。


(マクドナルドやコンビニが目印ですね^^)

左折すると、ほらほら~。
こんなノンビリ~した穏やかな道を走ります☆


「阪和自動車道・岩出」と看板があります。

ハイ☆岩出方面へ走ります。

7.いよいよ『阪和自動車道の高架』が見えてきました。

もう間もなく【ローズガーデン(花咲きファーム)】ですよ。

この高架下の信号を右折します。


(花咲きファームという青看板が見えますね^^)

8.右折しますと、山道のよう。

クネクネした道を、数分走ります.

9.すると、駐車場が見えてきました♪

【泉南・ローズガーデン(花咲きファーム)】駐車場(パーキング)に到着


お疲れ様でした (*^ー^)ノ

【関連記事︰泉南のローズガーデン(バラ園)へ行った!~農業公園・花咲きファーム~】

阪和自動車道で【泉南・ローズガーデン(花咲きファーム)】へ来る場合

阪和自動車道・下り線「泉南インターチェンジ」下り口からすぐですよ。

泉南I.C(インターチェンジ)を降り「泉南I.C前」の信号を左折。
(岩出方面へ走ります)

まもなくすると、先程説明した7.の『阪和自動車道の高架下』にたどり着きます。

それからの【泉南・ローズガーデン(花咲きファーム)】アクセス方法は同じです。

以後8.9.の説明を参考にしてくださいね。

土日のみ 臨時シャトルバスが運行

JR阪和線や南海線の電車で【泉南・ローズガーデン(花咲きファーム)】へ来られる場合。

開催期間中の土日には、シャトルバスが運行してます♪

(また 泉南農業公園内 2箇所の駐車場が混雑しますからね)

※JR阪和線の最寄り駅・・・和泉砂川駅(いずみすながわ)。

※南海本線の最寄り駅・・・樽井駅(たるい)。

●シャトルバス利用料金

大人 1乗車につき¥100

子供 1乗車につき¥50(泉南市発行のコミュニティバス半額・無料乗車証が利用できます)

2019年【ローズガーデン(花咲きファーム)】シャトルバス運行

シャトルバス運行・市役所の無料臨時駐車場 開設日。

令和元年5月11日~5月26日の土・日曜日(5月11日・12日・18日・19日・25日・26日)

●「JR和泉砂川駅前~ローズガーデン」運行ダイヤ・時刻

( ※ 画像は平成29年のもの )

●「南海樽井駅前~市役所~ローズガーデン」運行ダイヤ・時刻

( ※ 画像は平成29年のもの )

(泉南市HP シャトルバス時刻表より)
土日の【泉南ローズガーデン(花咲きファーム)】はとても混みます。

ですので、このような臨時シャトルバスを使うのもオススメですね。

※2019年のシャトルバス情報は以下のサイトをご覧ください。

「シャトルバス時刻表など」

プランツセンター&ギフトショップ

【ローズガーデン(花咲きファーム)】の敷地内。

そこには、バラの苗鉢が売っている「プランツセンター」と「バラ関連の店」があります。

9:00-17:00(3月~10月)
10:00-16:00(11月~2月)

•入場料:無料

•駐車場:無料 (団体バスは要事前予約)

TEL:072-483-0878 / 072-480-0031(平日のみ)
(休園日:12月19日~1月2日 )

「5月 プランツセンター」の様子。


バラ苗の販売や、バラ栽培についての園芸指導なども行っています。

家ですぐ植えられる状態にまで育った 丈夫で種類多いなバラの鉢苗がたくさん☆

バラの苗を購入したら、すぐにお家で鑑賞できるなんて素敵 (*゚∀゚)ノ


販売中のほとんどのバラ苗は、ローズガーデン内に植栽されています。

そして、生長ぶりを見ることができます。

経験のある信頼できるプランツセンターのスタッフに尋ねてみてくださいね。

バラ栽培のアドバイスをしてくれます♫

(※ デビッド・オースチン社では バラ鉢苗をネット販売もしています)

プランツセンターの横には、ギフトショップもあります。

バラ関連の陶器コーヒーカップやペーパーナプキン。


ポストカード(絵はがき)などがいろいろありました。

デビッド・オースチンさんの著書本。

「イングリッシュローズのすべて」「新イングリッシュ・ローズ」。


また、可愛いスコップもありましたよ。

以前まで 泉南市農業公園「花咲きファーム」の花畑エリアは、春はチューリップ、秋はコスモス畑でした。

今では【イングリッシュローズガーデン】として開催しています。

ローズガーデンの見ごろは、5月中旬から6月初旬の春。

また春だけでなく、行楽の10月の秋、オータムシーズンにも適しています。

見ごろの時期にはガーデンツアーや剪定レクチャーといったバラにちなんだ催しも開催しています。

※泉南市では「ローズガーデンの開花状況」も 随時更新紹介しています☆

2019年の「春のローズフェスティバル」は5月31日(金)まで。

入場料も無料です☆

どうぞ甘い香りに癒されに来てくださいね (*^o^*)/~

■ 泉南市農業公園「花咲きファーム」(イングリッシュローズ・ガーデン)

住所︰大阪府泉南市幡代2001
問い合わせ︰072(483)9974(泉南市 産業観光課・商工労働観光係)

開催の日にち:2019年(令和元年)5月1日(水)~2019年5月31日(金)

開催時間︰平日9:00~17:00 土日祝9:00~18:00

入園・駐車場・・・無料

以上「令和元年~大阪・泉南ローズガーデン~車でのアクセスやシャトルバス時刻を紹介~」skyneiro( スカイネイロ )がお送りしました~♪





ーバラと泉州地域 関連記事 ー
◆泉南のローズガーデン(バラ園)へ行った!~農業公園・花咲きファーム~
◆泉南市のローズガーデン(花咲きファーム)へようこそ~デビッド・オースチンのバラ園~
◆泉南ローズガーデン~バラの名前や種類を紹介~(デビッド・オースチンのバラ園)
◆デビッド・オースチン(David Austin)HP
◆二色の浜公園~第1駐車場へのアクセスと中央児童公園の紹介
◆岸和田城近くの3つ主要駐車場へのアクセスを紹介~岸和田城へ花見(観光)へ行こう~
◆梶本家の藤まつり(野田藤)~駐車場へのアクセスとトイレ等(泉南・信達宿)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサーリンク

skyneiro

投稿者の記事一覧

空を見るのが好きと 音楽が好き を掛けまして「 skyneiro (スカイネイロ)」と言う ニックネームにしてます ★

仕事・家事・子育て中の 主婦の頭や 胸中の 「 しぼりたてな思い 」を 書いています ♪

関連記事

  1. 大阪・泉佐野市出身のサッカー日本代表!南野拓実(ザルツブルク)選…
  2. 魚と野菜・唐揚げや天ぷら惣菜も買える!田尻漁港(日曜朝市)車での…
  3. 2018平昌冬季パラリンピック・マスコットの【バンダビ(Band…
  4. アウトレットモール隣りの「りんくうタウン・シークル」駐車場は17…
  5. 大阪・泉南のローズガーデン(バラ園)へ行った!~農業公園・花咲き…
  6. 2019年(令和元年)8月31日(土)【りんくう花火】開催!~り…
  7. 子供と秋の味覚「芋掘り」に農園へ~サツマイモ掘りに必要で便利な道…
  8. 泉州(大阪)2018年冬のイルミネーション・りんくうプレジャータ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP